FC2ブログ

記事一覧

命あってのもの

金だ、家だ、仕事だ、名誉だ、愛だ、って、たしかにみんな大切なものではありますが、命あってのものでしょう。それ以外は、しょせんは、人生の一部でしかないんですぜ。※中村天風『『心が強くなる言葉』(イースト・プレス)から引用つい一番大切なことを忘れてしまう。感謝しないとね(里子)全国書店で好評発売中『まんがでわかる 中村天風の教え』アマゾンでの購入はこちらからどうぞ...

続きを読む

現実で解決する

生きていることは現実なんだ。どんな人間でも現在、自分自身を死んでいるとは思いやしないだろ。生きている、息してる、血がかよってる、ものを言ってる、恋をする、何じゃかんじゃ、みんな現実なんだ。現実はどこまで行っても、現実の力以外のものでは解決できないんだよ。※『中村天風一日一話』(PHP研究所)から引用占いとか、神頼みとか、ついつい目に見えない何かに頼ってしまう。現実に目を向けないとね(里子)全国書店で好...

続きを読む

自分を知る

自分の「分(ぶん)」を知らなけりゃ、卑しい希望や汚れた宿望を炎と燃やしていても、ろくな仕事はできないし、不渡りを食う結果がくるのだ。五貫目の力しかないのに、十貫目のものを持ち上げると、どんな結果になるか、ということを考えることだ。自己認証ということは、自分の分を知るということ。これが本当の自己認証である。※『中村天風一日一話』(PHP研究所)から引用自分には今どれだけの力があるだろう。しっかり考えてみ...

続きを読む

経営とは

経営者が、何か新しい仕事をするとか、今まで経験のなかった仕事をするような場合に、私の所によく相談に来るんです。私の答えはいつも簡単です。「他人に相談しなきゃわからないようなことを、今後のあなたの人生の事業にしようとすることは非常に軽率じゃないか」って言うんだ。自分のわからないことを私に聞いて、それでわかっても、その後の経営は私がするんじゃないよ。あんたがするんじゃないか。いちいち聞きに来なきゃなら...

続きを読む

暗かったら窓を開けろ

あなた方ねえ、苦労したり、悩んだり、人を憎んだり、恐れたり、悲しんでるとき、気持ちいいですか。あんな嫌な気持ちなかろう。その嫌な気持ちをなぜ心にさせるんだ。喜ばしてやれ。しじゅう楽しく考えさせてやれ。それが心に対するあなた方の義務だぜ。暗い方面から、嫌な方面から人生を考えりゃあ、世の中に明るさ、何もないわ。暗かったら窓を開けろ。光がさしてくる。※『中村天風一日一話』(PHP研究所)から引用積極的な心を...

続きを読む

人生にコンパスを

たいていの人が感情や理性の虜になって、貴重な人生の毎日を落ち着きのない、不安定の状態で生きている。熟練した船長が嵐の海上をいささかもあわてることなく、一個のコンパスを使って大きな船を操縦する。これと同様に、私たちは、確立した人生観をコンパスにして、外部からおびやかされない自分の一切の内的誘導力として、自己を制御して行ける。※『中村天風一日一話』(PHP研究所)から引用人生という航海にも、晴れの日や嵐の...

続きを読む

『まんがでわかる中村天風の教え』メイキング

常に最高の運命を招くべく、いかなるときにも、すべてを感謝と歓喜に振りかえるよう、積極的な態度を、心に命じて活きるよう努力しよう。※中村天風『運命を拓く』(講談社)からこんにちは、平河里子です。名著『運命を拓く』が漫画になった『まんがでわかる 中村天風の教え』。今回はメイキングエピソードを紹介します。実は私、案の段階ではショートヘアでした。紆余曲折を経て、今のヘアスタイルになりました。みなさんはどち...

続きを読む

消極的な十の心

消極的というのは、およそ十ある。第一が怒ること。第二が悲しむこと。第三が恐れること。第四が憎むこと。第五がやきもちをやくこと、うらやむことだね。第六が恨むこと。第七が悩むこと、懊悩(おうのう)すること。第八が苦労すること。九番目が煩悶(はんもん)すること。それから十番目が迷うこと、混迷すること。この中のどれかしらがあなた方の心にあるとき、それは心が消極的な方面に働いているときなんです。※『中村天風...

続きを読む

思っただけじゃだめ

いくら心の持ち方を積極的にすることが理想だといっても、その理想を妨げるような、いわゆる日常生活を克服することができなければだめなんだ。そのためには克服できるようにする方法を実践しないで、ただ、克服したい、信念の人間になりたいと思っただけじゃなれやしない。考えてごらん。お風呂の脇に立っていて、沸いているお湯を見ているだけでもって、身体がきれいになるか、きれいにならないか。お風呂に入って洗い清めなけれ...

続きを読む

天風会公認! 『運命を拓く』の副読本

人生は心一つの置きどころ中村天風こんにちは、平河里子です。天風先生の言葉の中で、私はこの言葉が大好きです。心の置きどころ一つで運命を拓くことができる、それが中村天風の人生哲学です。そして、天風哲学を説いた名著『運命を拓く 天風瞑想録』(講談社刊)の入門編として、漫画で楽しく読むことができるのが、この『まんがでわかる 中村天風の教え』です。「人生は心一つの置きどころ」ということが、よくわかるようにな...

続きを読む

プロフィール

平河里子

Author:平河里子
『まんがでわかる 中村天風の教え』(あさ出版刊)とのコラボブログ。
本の主人公が私、平河里子(ひらかわ・さとこ)です。天風哲学をまだまだ勉強中の初心者である私が、天風先生の言葉を紹介したり、天風会講師の方々にお話を伺ったりしています。
また、普段は居酒屋で働いている私。おいしいお酒や肴なんかも写真と一緒に載せています。もちろん、本の内容も紹介しています。ぜひ読んでみてくださいね!

全国書店で好評発売中
『まんがでわかる 中村天風の教え』

『運命を拓く 天風瞑想録』(講談社刊)を漫画で解説する天風哲学の入門書!


SNSカバ―小

アマゾンでの購入はこちらからどうぞ

最新コメント

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -